グランマの庭に憧れて 後編

グランマの庭に憧れて 後編

シャルムのベーサルシュート

Last Updated on

こんばんは。なかなかブログを更新する時間が取れませんが今日はひさしぶりに二人ともお休みだったのでおうちの掃除などを済ませ、大雨対策でベランダの植物を軒下へ移動し、夕飯の支度は愛する旦那様がしてくれるというので、こうしてブログを書いています♪料理上手なので彼のほうが美味しいお料理を作れるんですよv

そして今回は、グランマ 後編です。

前編はこちら★グランマの庭に憧れて 前編

シャルムという美しい薔薇の新苗を我が家に迎えてから、一週間後にまた別の薔薇とハーブ達をお迎えしました☆今日はそのあたりのことを話していこうと思います。

二回目に購入した薔薇は「はいから」という名前のダークレッドの丸いシルエットの花が咲く予定の品種です。

初お披露目のはいからさんvちょっと葉っぱが傷だらけのおてんばさんです^^
初お披露目のはいからさんvちょっと葉っぱが傷だらけのおてんばさんです^^

まだ花がついていない状態なので、葉っぱだけの写真が当分続きます。

アップで見ると、葉のボロボロさ加減が結構すさまじいのですが虫に食われた?と最初思ったのですが、どうなんだろう?これ、風であおられて自分の棘で傷ついてるのでは?と思うのですが。
アップで見ると、葉のボロボロさ加減が結構すさまじいので虫に食われた?と最初思ったのですが、どうなんだろう?これ、風であおられて自分の棘で傷ついてるのでは?と思うのですが。

はいからさん、一週間お姉さんのシャルムよりまだ背も小さいのですが結構、がっしりとしていて枝も太く、棘も鋭くて、お手入れしていてうっかり刺さるとホントに痛いです><。 どんな花が咲くのか将来有望な苗だと思っています☆気がかりなのが、葉っぱがシャルムより全体的に黄色みがかったグリーンで、これが本来の色なのか、日照不足でこんな色なのか、わからないところです。あと、もうすぐ我が家に来て二週間になりますが新芽が出てくる気配がないこと。これも、ここのところのお天気がくもり、もしくは雨が多かったのでシャルムが来た時とは条件が違うから仕方ないことなのかも、と思いながらも保護者としては心配なのです。

ベランダガーデニング開始後、第二弾で我が家に来たオーデコロンミント。こちらとイタリアンパセリはバラ用のたい肥でも大丈夫ということで、夏に向けてマルチングをしました。
ベランダガーデニング開始後、第二弾で我が家に来たオーデコロンミント。こちらと一週間先輩のイタリアンパセリはバラ用のたい肥でも大丈夫ということで、夏に向けてマルチングをしました。
待望のラベンダーです。マウンテンブルーラベンダーという品種ですが、ラベンダーは暑さの厳しい日本では育てるのが難しいようなのですが、これが元気に育ってくれたら他の品種も育ててみたいなという願いを込めて。
待望のラベンダーです。ブルーマウンテンラベンダーという品種ですが、ラベンダーは暑さの厳しい日本では育てるのが難しい印象なのですが、これが元気に育ってくれたら他の品種も育ててみたいなという願いを込めて。

ちょうど梅雨入りした頃と重なりましたが、一週間前にも行ったので手順は把握していたので手際よく植え替えを 雨の中、無事完了させました。(蜂の襲来を受けたこと以外は、と付け加えます。そのおかげで慌ててしまい、写真を撮ることをすっかり忘れてしまいました><)

しかし植物にとって、いちばん大切な太陽の光を思いっきり浴びさせてあげることができなくて、葉っぱが黄色くなってしまったり、新芽が出てこなくて、心配ごとは尽きません。

葉の黄変が日照不足が原因なのか、葉同士が重なるくらい多くなったせいなのか、病害虫なのか、まったくわからなくて不安になっていた時期です。
葉の黄変が日照不足が原因なのか、葉同士が重なるくらい多くなったせいなのか、病害虫なのか、まったくわからなくて不安になっていた時期です。
ところどころ黄変しているシャルムの葉。雨の合間に、一日だけ晴れた日があり、その時少しだけ日光浴できたのが良かったのか黄変していた部分が回復したように見えます。
ところどころ黄変しているシャルムの葉。雨の合間に、一日だけ晴れた日があり、その時少しだけ日光浴できたのが良かったのか黄変していた部分が回復したように見えます。

でも心配事や不安なことばかりではなくて、こんなお天気でもうれしいことがありました☆我が家に迎えてから二週間目でシャルムにベーサルシュートが2本も出てきたのです。

シャルムのベーサルシュートの蕾。雨続きでお手入れをしていなかったので、葉も結構わんさかと育っていました。
シャルムのベーサルシュートの蕾。雨続きでお手入れをしていなかったので、葉も結構わんさかと育っていました。
梅雨の晴れ間にじっくり観察してみると新しい芽がどんどん出ていました。とても綺麗ですがシュートをしっかり伸ばすために、この後カットしました。
梅雨の晴れ間にじっくり観察してみると新しい芽がどんどん出ていました。とても綺麗ですがシュートをしっかり伸ばすために、この後カットしました。
これもシャルムのベーサルシュートの先に出てきた蕾です。綺麗なので摘んでから、しばらく小さな瓶に生けて飾っていました。
これもシャルムのベーサルシュートの先に出てきた蕾です。綺麗なので摘んでから、しばらく小さな瓶に生けて飾っていました。
勢いのあるシュートが株元から伸びているのがベーサルシュート。葉がたくさんつくと光合成できる量も増えるので体力がつくと考えられますが、株元に日光が当たらないのは良くないので、風通しよくする必要があります。
勢いのあるシュートが株元から伸びているのがベーサルシュート。葉がたくさんつくと光合成できる量も増えるので体力がつくと考えられますが、株元に日光が当たらないのは良くないので、風通しよくする必要があります。
株元はできるだけ風通し良く、害虫防除の意味でもすっきりさせておきたいので、葉が重なってしまうところは剪定していきます。
株元はできるだけ風通し良く、害虫防除の意味でもすっきりさせておきたいので、葉が重なってしまうところは剪定していきます。

害虫の住み心地の良い環境を作らない、ということで毎日、バラの見回りを欠かさなくなって朝が苦手な私が早起きしているという異常事態(だから雨続きなのか?)とにかく虫が苦手なので、可能な限り、虫と対峙したくないので防除に関しては心配性なくらい調べています。やはり薬はできることなら使いたくないのですが予防消毒も必要だということで最低限の消毒薬は準備しました。

お世話になっているばら園さん、ハーブ屋さんにめちゃくちゃ質問しまくって、日々、植物についての知識を蓄積していっています☆

左の葉の表面に白くなっているのは消毒薬をスプレーした時になっているので消毒薬が残ってしまっているのかも?
左の葉の表面に白くなっているのは消毒薬をスプレーした時になっているので消毒薬が残ってしまっているのかも?

毎日の巡回の成果なのか?今のところ、虫の被害は見られません。これからもずっと平和でありますように☆

あ、でもベランダで植え替え作業をしている時に、今までに3回、蜂の襲来に遭いました!怖かったです><。(一回目は大きな音で、姿はよく見てないけど蜂より丸っこいシルエットの虫。二回目、三回目はたぶんアシナガバチでした)

赤い色がとても綺麗なのですが頂点に近いところに出てきた新芽なので、株の成長のため、この後摘みました。
赤い色がとても綺麗なのですが頂点に近いところに出てきた新芽なので、株の成長のため、この後摘みました。

剪定や摘芯、摘蕾については現在も試行錯誤しながらなので、まだ文章化はできていませんので追々、理解が深まってから記事にしたいと思います。

今日、初めて試してみたことをひとつ。アブラムシ対策に酢を水で希釈したものを葉にスプレーすることが有効だとどこかのサイトで見たことがあり、その件について吟味してみようと再度、よく調べてみました。

実は有機農業関連のサイトを見ると、食用の酢を植物に使う方法は正しい技術だそうです。与える植物にもよるので、あくまで慎重に、ということらしいのですが薔薇は本来、丈夫な植物だからいけるんじゃね?というわが子を信じることで実行しました。

これは防虫目的ではなく、光合成での栄養が供給されない状態が続く場合の炭水化物の補給措置という位置付けでもあるそうです。これは今現在、曇り空で光合成できないことを心配している身としては僥倖です☆

今回、薔薇の苗2株に50倍に薄めた穀物酢と水の混合液を霧吹きで葉水として葉の両面全体に吹きかけてみました。今のところ、異常なし☆

初試みの穀物酢を希釈したものを葉水として与えてみました。
初試みの穀物酢を希釈したものを葉水として与えてみました。
葉っぱの裏もしっかりチェックします。アブラムシなんていたら霧吹きで水攻撃です><
葉っぱの裏もしっかりチェックします。アブラムシなんていたら霧吹きで水攻撃です><
はいからさんの全体像。こうして全体を見ると、我が家に来た当初からある葉(下の2つの枝)と新しく育った葉で色味が少し違うのがわかります。やはり日照不足が原因なのかなぁ。
はいからさんの全体像。こうして全体を見ると、我が家に来た当初からある葉(下の2つの枝)と新しく育った葉で色味が少し違うのがわかります。やはり日照不足が原因なのかなぁ。
はいからさんと同じタイミングで我が家に来たミントもすくすく成長していて、背が高くなった枝は2回、剪定して切り花のようにお部屋に飾っていますが、まだまだしゃんとしていて良い香りがしています。
はいからさんと同じタイミングで我が家に来たミントもすくすく成長していて、背が高くなった枝は2回、剪定して切り花のようにお部屋に飾っていますが、まだまだしゃんとしていて良い香りがしています。

曇り空でも元気いっぱいなのが、こちらのミントです。植木鉢に植え替えしてすぐに、もう写真のちょうど正面上の鉢の縁あたりに見える新しい芽が顔を出していたのです。根鉢をちゃんと植木鉢の中央に置いたはずなのに・・・?と思ったのですがハーブ屋さんに確認して、これで問題ないとのことだったので気にしないで自由にさせることにしました←

そんなこんなで、はいからさんが来てからの二週間、いろいろなことがありましたが後は梅雨が明けて夏の暑さ対策を考える時期かな、と思っているところです。

園芸初心者さんの知りたいこと、私もまだまだ植物のことを勉強しはじめたばかりでわからないことだらけですが自分が学んだことを後から見て、わかりやすいように随時、日記的な感覚で記録していこうと思いますので、これからもよろしくお願いしますね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です