長年クリぼっちだった私がおすすめするクリスマスを楽しむポイント3つ

イラスト制作: tatsukimeg (@meg80624850

クリぼっちは寂しい?クリスマスにひとりだと少数派なの?

いいえ、クリスマスだからって別にカップルでなきゃいけない訳ではありません。

少し前くらいから、そんなにクリぼっちは寂しくないって風潮になってきたようにも感じます。

おひとりさまも慣れると結構、自由で快適です。

好きな時間に食事して、好きなだけゲームしたりしていても誰にも文句を言われることがないですから。ケーキだってワンホール、ひとりで食べれらるし(違)

クリスマスだからって、はりきって高級ディナーの予約をしたり、クリスマスケーキを受け取りに行かなきゃ、と混雑したデパ地下や繁華街に行かなきゃいけない訳でもないし、クリスマスディナーをがんばって作るために買い出しに行き、朝からキッチンで奮闘!なんてこともしなくていいんですから。

世界崩壊を願う厨二病全開の私でも孤独死の不安は拭えない

数年前までおひとりさまだった私には「キラキラした甘ーいイベントは一切不要!」とまったくクリスマスやバレンタインなどのイベントごとに関心がありませんでした。

クリスマスだろうが年末年始だろうが実家にも帰らず、暖房もない部屋に籠城してバイオハザードや乙女ゲームばっかりしていた時期もあります。

そんなだから私はうっかり「パートナーを探そう!」と焦ることもないまま、こんな年齢までひとりでした。それはそれで多少は危機感持ったほうがいいのかな?^^;(親は心配していました。)

世間のにぎわいとは正反対に世捨て人のように殺伐と生きていた私(夫いわく、出会った当初の私はシュタインズゲートのオカリンみたいなヤツだったそうです!)でしたが、今は人並みに結婚して3年目。子供はいませんが、夫婦ふたりで仲良くケーキを食べたり、一緒に料理をしたり、クリスマスっぽいことも体験できています。

私自身がそうだったから思うのは、おひとりさまだと老後や自分が死んだ時のことが不安ですよね。

年齢が上がっていくとともに、自分の親もいなくなったら、と思うと先行き不安になります。

安心して一緒に暮らせるパートナーがほしいという思いが出てくるのは人として自然なことだと思います。

人間嫌いの私でも、そう思うのだから普通の心優しい独身の方なら、さぞ切実な悩みだと思います。

まず参考までに軽く自己紹介をします☆

私のプロフィール:

年齢非公開 女性

身長 163.5cm 体重 48kg

血液型 AB型

ぼっち歴 13年(だいたい、です。細かいことは覚えてない!)

出会い皆無の日々を過ごしていましたが、現在は結婚3年目です。

クリぼっちを快適に過ごす方法 オススメ4

1. ひとりで過ごすことを満喫する

料理、読書、ゲーム、映画鑑賞、ひとりカラオケ、好きなアーティストのライブ参戦など

2. クリスマスを意識せず普段どおり過ごす

3. 実家で家族と過ごす

4. あえて仕事など予定を入れる

この中で一番、私が多用していたのは④の“ あえて仕事を入れる ”でした。忙しいとクリスマスだということに意識が向かないので「クリスマスなのに、一人なんだ。。。」と落ち込んでしまうタイプの人なら、あえて仕事や予定をガンガン入れてクリスマスだということを忘れる、という方法もありですね。お金も貯まるし♪(注意点は職場がテーマパークやケーキ屋だと忙しさの面ではクリアですが、クリスマスを忘れたいのにクリスマス感どっぷりなのと、あとカップル出現率という点ではアウトです。)

②の普段どおりに過ごす、は精神力を鍛えたい方向きかな?

世間がクリスマスに浮かれている中で、あえて普段どおりに過ごす、というのは家から一歩も出ない、テレビをつけないという環境なら楽勝だと思います。私の場合、家でゲームや映画見まくり、マンガ読み放題という過ごし方で、普段どおりという時期もありました。

③は実家と円満な場合のみ有効な手段ですが、実家に帰って「あなた、結婚はまだなの?」なんて地雷ワードを言われる可能性は高いかもしれません。実家が快適な方にはオススメです。

①はひとりでできる趣味があれば他のイベントごとの時でも使えるのでかなり無敵です。

料理、お菓子作りはハマると結構、集中できるし気分転換にもなるので男性にもオススメです。

読書は普段、忙しくて読めない本をじっくり読むことができるので、こちらもオススメ。

私は元カレと別れてクリスマスの予定がなくなった時に『黒執事』を大人買いして読んだのがきっかけでハマったのを覚えています。(といっても、その頃まだアニメ化していなかったので3、4巻しか出ていなかった)

応援しているアーティストやバンドのクリスマスライブなど参加できたら、それはそれで楽しい思い出になるでしょうね。

特にオススメ☆おひとり様で行動するクリスマスの過ごし方

・教会のミサに参加する

・ぶらり一人旅 

・ボランティアに参加する

ひとつずつ説明していきますね。

・教会のミサに参加する

クリスマスの雰囲気も味わえて、なおかつ厳かであり、温かい雰囲気なので

クリスチャンでなくても一度は体験してみるべきです。

私はたまたまクリスチャンの友人に誘われて、教会のミサに参加したことがありますが信者でなくても快くウェルカムされました。

教会に集まるみなさんとの食事にも招かれて、当時無職だった私はありがたかったです^^

・ぶらり一人旅

クリスマスなどのホリデーシーズンだと事前に要予約であったり、お値段がちょっと割高なのかもしれませんが経済的に余裕があって、いつもと違うところで気分転換してみたいというおひとり様にオススメです。 冬だと温泉に一泊とか、のんびりできていいでしょうね。

・ボランティアに参加する

私は年末の野宿者支援などのボランティアに参加した経験がありますが、まったく接点のない人が集まってくるので本当にいろいろな方と知り合う場としては良いと思います。

寒い中、わざわざ自分の時間を調整してボランティアに参加しよう、誰かの役に立てるなら何かお手伝いしよう、そんな気持ちの温かい人が集まる場所って素敵だと思いませんか?

別に誰かと知り合って連絡先を交換しなきゃいけない、ということはありません。

自分から話さなくてもいいし、誰かしら、ボランティアの作業をしながら声はかけてくれるので自然と会話する感じになります。

地域のボランティア活動について調べてみると、毎年何かしらの活動はしていると思いますので一度、顔を出してみて、そこの雰囲気などが自分に合えば、また次回も参加してみるといいと思います。そのうち、何度か顔を合わせる人もいて話すこともあると思います。

実はこれ、すべて見聞を広めたり、自分磨きにもなる行動なので、すぐにでも実行できる方はどんどん行動してみてください。

今年のクリスマスはもう仕方ないので、来年といわなくとも何年か後のクリスマスには素敵な人と一緒に過ごせたらいいなと願いつつ、素敵な人にいつ出会っても自然な自分でいられるようにイメージトレーニングしてみるのはどうでしょうか。

私個人のなんてことはない経験からのお話ですが、悩めるみなさまへ解決のヒントになれば、と願います。

それでは素敵な休日をお過ごしください。

Merry Christmas and a Happy New Year!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です