Birthday cakeは今年もパリブレストで

Birthday cakeは今年もパリブレストで

パリブレストホール

Last Updated on

こんばんは^^

すごーくすごーく、ただの私的な日記の流れですが先日23日は私の誕生日でした☆ 何歳になったか、なんて野暮な質問は華麗にスルーします←

例によって愛がだだ漏れのブログですが年に一回のことなので今日はあっさりとケーキの写真などを紹介していきたいと思いますので、しばしお付き合いください。

パリブレストとはなんぞや?という方のためにざっくり説明するとリング型のシュークリームです。シュークリームの専門店●●ー●パパにもシュークリームサイズのものがありますね。フランスの代表的なお菓子で、パリ→ブレスト→パリというふたつの都市を走る自転車レースにちなんだものなんですよ☆

パリ・ブレストhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88

小さく見えますが、18㎝のホールです。

甘党エクレア師匠とお呼び!←

エクレアとHNで名乗るほど、エクレア(またはシュークリーム)が大好きで甘いものには目がないのですが、洋菓子店に行ってシュークリーム系のお菓子があれば試さずにはいられません。エクレアはどこそこのお店のものがいちばん、シュークリームならあのお店、という感じで自分の中でランキングじゃないですけどお気に入りリストに追加していってます^^

こちらのお店のパリブレストは本当にすべてが理想的で、シュー生地がハードで塩っけが効いていて、中にはナッツ感がたっぷりのプラリネクリームがこれでもかと詰め込まれています。お店でいただいてから大ファンになって、それ以来、お誕生日にはこれが定番になりました。

写真ではわかりにくいのですが、ちゃんと中にも小さいシューが入っていて二重になっています。食べにくいんだけどねー^^;

食べるのもたいへんだけど、シュー生地やパイ生地は作るのが難しいようですね。いつかは自分でも理想のパリブレストを作ってみたいと思っています。

とても手が込んでいて、私は本場のパリブレストを食べたことはないけど、きっとシェフがフランスで食べて、これだと思ったレシピなんだろうなと思います。本当に美味しいんだもん♪

このカットがお店で提供されているサイズかな?

通常、二人分のサイズだと12センチだと言われたとのことですが私達は食いしん坊なので(笑)

夫判断でもう一段階大きいサイズでのオーダーでした(さすが!)

ホワイトチョコのプレートもかわいらしくデコレーションしてくださいました。 このホワイトチョコ、すごく甘かった。。。^^;

紅茶はマルコポーロをアイスティで♪

メインが甘々だったので、紅茶はミルクなしでストレートのアイスティです。今回も安定のマルコポーロをセバス(夫←)が淹れてくれました。2日目は、ロシアンブレックファーストをアイスティで作ってくれたのですが、そちらも柑橘系のさわやかな香りで、これからの季節にぴったりの紅茶です。

そして毎年、私達は記念日にお互いにメッセージカードや手紙を交換しています。

もしかしたらセバスは最初の頃、手紙を書く習慣がなかったので少々、めんどくさいと思っていたかもですが^^;私が手紙やカードを誰かに贈るのが好きなので(レターセットや綺麗なカードを集めるのも好きです。)合わせてくれているのかも、ですね。

それでも、多忙で私にわからないようにこっそり手紙やカードを書く時間もないだろうに、猫さんや鳥さんの可愛いイラスト入りだったりするんです♪こんな優しいだんなさん、私にはもったいないといつも感謝しています。

夫から毎年恒例のメッセージカード。私の宝物です。

この記事を書くためにあらためてウィキを確認してまいりましたがパリ・ニースっていうお菓子もあるそうですね。(中に入っているのがプラリネクリームではなく、クレーム・シブーストだとか。美味しそうv)そちらも食べてみたい♪

それでは、もうお時間です。またおしゃべりに付き合ってくださいね☆

Au revoir !

にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ


にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です