コガネムシ、襲来

注:この記事は8月28日の出来事です。本当は31日にはアップしたかったんですが、諸事情で執筆が遅れてしまいました。備忘録の意味も兼ねて記録していますので、あえて投稿日時は8月31日で投稿します (゚人゚)(-人-)ゴメンネ

油断しているとヤツはそこにいる。

もうね、朝からびっくりしました。寝ぼけていたのが一瞬で目が覚めましたよ(・_・;(栽培日記を見返して記憶を辿ります。)

台風が通過した日の翌朝のことでした。深夜、軒先に置いていた薔薇の枝が折れてしまうんじゃないか、というくらい風が強かった日です。その夜は薔薇を軒下に移動させようか考えましたが横なぐりの雨だったのでお風呂からあがった後に外に出る気にはなれなくて。 朝イチで薔薇たちの様子を見にベランダへ出たところ・・・

最初、なんだかメタリックにぴかぴか輝いてる石ころみたいなものが薔薇の鉢の水切りネットを透かして見えたので、なんだろ?こんなに大きな石、この前、追肥した時(8月20日)にはあったかな?と(朝なのでボケボケで)手に取ってしまったやないかーぃ!!(汗)※

手に取ってみて石ではなくコガネムシ成虫だとわかり、すぐさまポイしたさ!ベランダの側溝にポテッと落下したけどピクリとも動かないから、てっきり死んでるのかと思ったし。

起床時刻ではないから寝室で寝ていた夫を起こして「コガネムシ捕獲して」と頼む迷惑なヤツ(๑╹ω╹๑ )
ベランダに出て、コガネを目視で確認する夫「こいつ、生きてるよ?」(夫も都会育ちなので虫は苦手)
“ 見つけ次第、捕殺 ”と園芸書などには書いてあるけど具体的にはどうやるの???てゆか、なんとなく恐ろしい響きにビビってしまって結局、袋に閉じ込めてそのまま燃えるゴミとして出しました←毎年遭遇していたら、こういうのって平気になるものなんでしょうか(・_・;

※もちろん素手ではありません。水遣りでベランダに出る時は何が起こるかわからないので、ビニール手袋は標準装備です。でも薔薇の棘が鋭いので簡単に穴が空きますので、本当は皮の園芸用グローブをオススメします。

コガネムシ対策のために、キッチン用の水切りネットを植木鉢のサイズに合わせてカットしたのに、そんな人の苦労も軽々と突破してちゃっかり株元に居やがりました_(:3 」∠)_ 後からネットでコガネについて調べていてわかったのですが、やはり産卵して力尽きていたようですね。別の薔薇を育てている方のブログでも薔薇の鉢の土の上でコガネが息絶えていた、その土を調べたら幼虫がいたと><。

遡って一週間前の8月20日(火)、バラ2株に中耕、堆肥を足しました。

8月22日の2株目の「はいから」さん。7月は元気がなかったから心配しました。その名残りが主枝の下のほうを見ると葉がない^^;現在は照りのあるしっかりした美しい葉がたくさん出ています。
8月22日のはいからさん。7月は元気がなかったから心配しました。その名残りが主枝の下のほうを見ると葉がない^^;現在は照りのあるしっかりした美しい葉がたくさん出ています。

その前の8月8日(木)にマルチングとして土を覆っていた堆肥をバラ2株とも新しい堆肥と交換しました。(この時、たしか初めてベランダでコガネムシが飛来してきたので、こんなところにも来るのか、と不安になって株元のチェックも兼ねて、堆肥を取り換えたのです。)

二週間ほどでかなり土の表面がガチガチに固くなっていたので「そんなに頻繁に堆肥は交換するべきですか?」といつもお世話になっているバラ園のオーナーさんに問い合わせてみたのです。
「堆肥をまるごと交換しなくても中耕で対応してはいかがでしょうか。」との回答をいただいたので中耕とはどんなことをするのか調べてみました。

そして20日は堆肥を交換はせずに中耕、足りない分だけ追加で堆肥を乗せて、施肥を。その後、殺虫剤も撒いていたんだけど効果はなかったの?(・_・;その間、ぴったり一週間。置きタイプの粒状殺虫剤の効果は一週間くらいなのかな? 殺虫剤を過信せず、こまめに巡回するしかないかなー。

8月22日の1株目のシャルムははいからさんより華奢な枝葉です。ここのところ、こちらのほうが少し元気がないように見えます。
8月22日。中耕した直後のシャルム。2株目のはいからさんより華奢な枝葉です。ここのところ、こちらのほうが少し元気がないように見えます。

中耕について

中耕の役割は固くなった土を耕して、通気性を良くすることです。水の吸水率もアップして作物の生育を促進する役割があります。
やり方ですが、まず雑草があれば雑草を取り除いてから、軽く土の表面をフォークなどのサクサク突きやすいもので耕します。小さな熊手があると便利ですね。(私はコンビニとかスタバでもらうプラスチックのフォークが家にあったので、それで作業しました。)
この時、株元のあたりもチェックして根が露出していたら傷むので土寄せという作業をしましょう。中耕で柔らかくなった表面の土を根元から少し盛ってあげます。葉にかからないように注意です。
他の作物の場合は、根元から枝分かれしたところまで土をかけるようですがバラの場合は、だいたいが接木苗だと思うので、接口は土をかけないでくださいね。(私の場合、新苗だから植え付け時に接口を出した高さで植え付けています。)

夏剪定の前につぼみがどんどん出てきました。

夏剪定は、秋の花を美しく咲かせるために大切な作業です。だいたい9月1日から10日くらいの間に行うそうですが、私の場合、薔薇をお迎えしたのが6月下旬でしたので、みなさんのスケジュールより少し遅くなりますが10日過ぎにしようと思っています。
夏剪定をする前のこの期間、施肥もしているからなのか、どんどん新芽が出てきていて、ちょっと放置しているとつぼみが膨らんできています。つぼみが大きく固くなってしまうと困るので新しい蕾は見つけたら、その都度ピンチしています。

夏剪定がとても重要な作業という理由ですが、バラ園さんから教えていただいたことを☆

今この時期に咲いていたり、つぼみがついているバラは暑い過酷な時期に育ったバラなので花としては不出来だそうです。この時期にピンチをすることで秋の過ごしやすい気候のタイミングで美しい花をつけてくれるので、その調整ということらしいです。(四季咲きの薔薇はこの時期にピンチをかけるべきだそうです。)

私のところの薔薇は夏の曇り空や雨が続いた時に葉の黄変が結構出てしまって、気になったので私がカットしちゃったから、下のほうの葉がないところが多いんです。でも、バラ園さんいわく、葉は傷ついていたり高温障害などで変色してしまっても、芽だしや樹勢の回復のためにもできるだけ残してあげて、と最近のメルマガで書かれていました。なるほどー メモメモφ(・ω・`)…ポキ!☆_/o(゚ω゚`)!!

8月30日のはいからさん。中耕前はなかった下のほうの葉がたくさん増えてきました。こちらは葉の厚みもあるし、照りが出ていて病気になりにくい印象で安心感があります。
8月30日のはいからさん。中耕前はなかった下のほうの葉がたくさん増えてきました。こちらは葉の厚みもあるし、照りが出ていて病気になりにくい印象で安心感があります。
8月30日のシャルム。新芽やつぼみはどんどん伸びてきていますが、はいからさんより華奢な分、葉も薄く柔らかいので葉面散布するとヨレヨレするのが難点。というかお酢なんてかけてごめんね。
8月30日のシャルム。新芽やつぼみはどんどん伸びてきていますが、はいからさんより華奢な分、葉も薄く柔らかいので葉面散布するとヨレヨレするのが難点。というかお酢なんてかけてごめんね。

お酢を使った防虫と炭水化物の供給についてはこちら☆薔薇の葉の黄変について 

さて早いもので明日から9月です。夏剪定を9月上旬に行う予定なので、また夏剪定についてはあらためて記事にしたいと思います。

今回もお付き合いくださり、ありがとうございました。それでは、また^^

ジャムのびんと点字

サン・ダルフォーのフルーツスプレッド

ジャムの瓶にある点字のようなものを発見しました

先日あることを発見してしまい、気になったので調べてわかったことを今日は少し文章化したいと思います。

ここ数年、お気に入りのジャムがありまして、我が家ではフランスのサン・ダルフォー社(ST.DALFOUR)のフルーツスプレッドを何種類かローテーションで常時ストックしています。(正確には砂糖不使用ということでジャムの定義にはあてはまらないのでフルーツスプレッドという品名で販売されています。)

お気に入りの理由は、なんといっても砂糖不使用だから。

シンプルな理由です。

フルーツスプレッドとは?

ジャムの定義として、JAS法では「果実、野菜または花弁を砂糖類等とともにゼリー化するようになるまで加熱したもの」としています。また、日本では糖度が40度以上のもの(JAS法による)、米国では糖度65度以上のもの(FDA=米国食品医薬品局による)、欧州では糖度60度以上のものがジャムとされています。サン・ダルフォーは砂糖類不使用ですので、JAS法上のジャムの定義に当てはまらないため、フルーツスプレッド(日本ジャム工業組合の申し合わせによる)という品名になっております。

引用元:ST.DALFOUR

今日書きたかったテーマに戻りますが先日、サン・ダルフォーのガラス瓶を眺めているとラベルの下に小さな連続する点を見つけました。

「これって点字かな?」

ラベルのすぐ下の並んでいる点が4個、1個、3個と確認できます。

ラベルのすぐ下の並んでいる点が4個、1個、3個と確認できます。

ラベルのすぐ下の並んでいる点が4つありますね。

ラベルのすぐ下の並んでいる点が4つありますね。

気になったので早速、インターネットで点字について調べてみることに。

私は今まで、点字というものに馴染みはなかったので街中で見かけることはあっても知識としてはまったく点字がどのような法則があるものか、読み方なども知りませんでしたので初歩的なことから学ばねばなりませんでした。

あなたは街にある点字を読めますか?

点字の種類や読み方を調べていくうちに、誰が最初に点字を考案したのだろう?なんて疑問も頭に浮かんできたのです。

最初に12点から構成される点字を考案したのはフランスのシャルル・バルビエという軍人でした。

複雑だった為、あまり普及しなかった点字をブラッシュアップして改良したのが14歳のルイ・ブライユです。その2年後の彼が16歳の時には6点から構成される点字を完成させたというのだから、すばらしい偉業ですね。(ちなみに日本語で6点点字をまとめたのは石川倉次という人です。明治23年11月1日に正式に採用されました。)

と、上記のようなエピソードを知ってフランス人が点字を考案したという情報にもふれていましたので、サン・ダルフォー社のガラスびんに記されているのは点字で間違いないだろうと私は思い込んでいました^^;

他社メーカーのジャムの容器にユニバーサルデザインとして点字を記載しているところもありましたので、その先入観もあったと思います。

ユニバーサルデザイン 7原則

ユニバーサルデザインは、「あらゆる人に利用しやすいデザインである」という視点を軸に、下記7原則から構成されています。

1. 誰にでも使えること。(Equitable Use)

2.使う上で柔軟性があること。(Flexibility in Use)

3.使い方が簡単で、直感的にわかること。(Simple and Intuitive Use)

4.必要な情報がすぐにわかること。(Perceptible Information)

5. 簡単なミスが危険に繋がらないこと。(Tolerance for Error)

6.身体的な負担が少ないこと。(Low Physical Effort)

7.アクセス・利用しやすい十分なスペースが確保されていること。(Size and Space for Approach and Use)

参照:THE PRINCIPLES OF UNIVERSAL DESIGN

引用元:知っておきたい あなたの身近にユニバーサルデザイン

余談ですが、11月1日は日本の点字記念日 だそうです。

紅茶の日 と同じですね☆

調査員、行き詰る。

そこで、またまた素朴な疑問が浮上。

点字は6つの点の並びかたの組み合わせによって、文字を表現していますが、このガラス瓶に刻まれているのはどう見ても最大で横一列の4つなのです。 たとえば

・・・・ ・ ・ ・・・ や

・・・・ ・・・ ・・

・・ ・ ・ ・・・・・

という並びです。

オタク気質が災いし?手元にあるガラス瓶の連続する点の並びをすべて、そばにあった紙に書いていきました。

何か規則性があるはず!と。暗号文を解読できるかも知れない♪という何にだか、よくわからない期待が高まり、キッチンにストックしてあったジャムの瓶を全部持ってきて、その点の並びを確認していきました。共通点は、点が横一列に全部で9個。

でも一般的にいう6点からなる点字ではないので、点字一覧などで探しても、同じような配置の点の組み合わせなんてないので当然、何が書かれているのか私にはわかりませんでした。

調査員、公式に電凸する。

ジャムだけに←簡単に解決すると甘くみていたのですが調査に行き詰った私は、 疑問に思ったらすぐ問い合わせ、ということで問い合わせ先を調べることに。

さっそくサン・ダルフォー社の公式サイトにGoしたのですが、こちらは問い合わせ用メールアドレスやお問い合わせフォームの設置がないんですね(汗)

しかたないのでお客様相談室へ電話してみることにしました。

一瞬、なんて電話しようかと悩みました。最初、ものすごく変な質問してくる人だって思われただろうな、と思います^^; 結局、そのまま説明したんですけどね(単刀直入)

電話応対してくださったオペレーターの方も、手元に商品があるのですが自分も、その点についてはそもそも存在自体、認識していなかったと。当然、何の意味があるのかまでは知らなかったとのことで調べて、後日連絡します、ということでいったん電話を置きました。

結論 サン・ダルフォーのジャムのガラス瓶の点字は消費者向けの点字ではなかった

数日後、きちんとお電話くださって、調査の結果を報告してくださいました。

この点字のようなものは、瓶を製造しているメーカーが使用するもので、瓶の型によって機械が違うとのことです。

製品になにか不具合があった場合に、いつ、どこ(工場が複数あるということ?)で製造された瓶なのか、という情報をたどっていけるように記されているとのことです。 ジャムのメーカー名や何味のジャムなのか、などの情報がわかるというものではないので消費者である私達には直接関係がある情報ではなかったということです。

あくまで企業内での識別用としてのしるしだという回答でした。

でも、お忙しい中、私の素朴な疑問に丁寧に答えてくださって本当に感謝しております。

調査員、ますますサン・ダルフォーのファンになる。

くだらない問い合わせにも丁寧な対応で思わず感動し、企業理念も素晴らしいので正直、ファンになりました。

点字もどき(と言ってしまうと悪いもののようですが)にも愛着がわいたところで、このガラスびんのシンプルな中に控えめな装飾があるスリムなデザインも気に入っていますし、これからもフルーツスプレッドを愛用していこうかなと思っております。

びっくりするような情報ではなくてごめんなさい☆個人的にはモヤモヤがスッキリしたので聞いてよかったと満足しています。

この機会に街で見かける点字にも注目してみるのも見聞を広めるのに良いと思います。

なんてことはない話ですが、ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます^^

参考文献

点字を作った人

世界の点字

薔薇の葉の黄変について 

木漏れ日。病院の帰りに通りががった公園で

梅雨による日照不足なのか、病害虫、もしくは薬害?

たいへんごぶさたしております☆いつもよりスタートが遅かった梅雨もやっと明け、いっせいに蝉が鳴いていますね。今日はベランダの薔薇の近くの手すりで、蝉が鳴いていたのでびっくりしました^^;そこで息絶えないで~とヒヤヒヤしましたが少し離席した間にどこかへ飛んでいったようでほっとしましたが。

いよいよこれからが夏!という感じですがみなさんはお元気でしょうか?

木漏れ日。病院の帰りに通りががった公園で
病院の帰りに通りががった公園で

私事ではありますが前回、義母の入院、手術がありました。おかげさまで手術は成功、7月上旬に無事、退院することとなり現在、義母は自宅で療養中なのですが時を同じくして私も口腔外科で検査を受けることになりました。バタバタしていましたので義母の退院が済んでから行こうと思っていたので昨日やっと病院へ行く時間が取れました。私のほうはたいしたことはなく、医師いわく「これから細胞が変異することはないと思うが気をつけていれば、もし変異した場合、すぐ発見できるので」ということで単純に大学病院の見学みたいなノリで終わりました← (見たことない施設とか見て回るの好き♪)

話を薔薇に戻します☆薔薇園シリーズも6月中に、と思いながら諸事情でまだ公開できていない写真が半分くらい残っています(汗)もうすぐ8月ですが・・・忘れた頃に再開しますよー!!

薔薇の葉っぱが黄色くなってしまう。

さて本題です。梅雨の間、植物たちに思う存分、日光浴をさせてあげられなかったので、今年の梅雨は本当に心配が尽きない梅雨でした。

特に梅雨の時期に入る頃に我が家にお迎えした2番目の子、はいからさんはなかなか 新しいシュートも出なくて、もしかしたら根っこがカビてたりしたらどうしようT-T なんて不安になりました。

植えつけした直後は毎日お水をあげたほうがいいとのことでしたので、最初の子、シャルムの時と同じように毎日、たくさんお水をあげていました。違う点はシャルムが我が家に来た頃はまだお天気のいい日もあり、太陽の光を浴びさせてあげていたこと。はいからさんが来てから、ほとんど毎日、曇りもしくは雨ばかりで、たまに太陽が出ていてもその翌日にはまた雨、なんてお天気が続いていましたから。

6月に薔薇を本格的に育てはじめた初心者なので、水やりの極意はまだまだなんですが、葉っぱが黄色くなったらそりゃ心配にもなりますよね。

はいからさんの葉の黄変した部分。黒い斑点のようなものも現れてきたので黒星病かと心配しました。
はいからさんの葉の黄変した部分。黒い斑点のようなものも現れてきたので黒星病かと心配しました。
同じはいからさんの葉の黄変した部分を別の角度から。以前、シュートをカットした切り口も茶色く変色して腐ってきたのかと心配しました。
同じはいからさんの葉の黄変した部分を別の角度から。以前、シュートをカットした切り口も茶色く変色してしまい、腐ってきたのかと心配しました。

上の写真は、梅雨明け前のいちばんひどい時のものです。黒い斑点まで出てきたので、これは黒星病とかいう怖い病気なんじゃないの?って心配になってばら園さんにメールで相談しちゃいました。写真を見てもらいましたが、あくまで生理現象ということで心配するほどではなかったようです。

葉の黄変とひとことに言っても、程度がいろいろでどのくらいなら大丈夫か、という判断は素人には難しいと思います。私の場合は神経質で心配症なので、なんでもわからないことがあったら専門家にすぐ問い合わせしちゃうのですが、ありがたいことにお世話になっているばら園の方やハーブショップの方も親切に教えてくださります。

インターネットが普及した現代だからこその恵まれた環境だと思いますし、せっかく教えてくださる方々がいることに心から感謝しつつ、私も学んでいこうと思うのです☆

薔薇と一緒にハーブも育てています。

薔薇のコンパニオンプランツに、イタリアンパセリと虫の忌避を期待してオーデコロンミントも育てています。他にもラベンダーやレモンティートゥリーも仲間に加わりました♪

梅雨の晴れ間に、ちょっと風があるとハダニっぽいのが葉の上に・・・

これは見過ごせない!ということで葉水攻撃をすることに。

とにかく虫が苦手なので、できることなら遭遇したくないのです。でも自然を相手にするということは多少なりとも虫にエンカウントする可能性はあります。虫はイヤ、でも農薬使いまくるのもイヤ。

そこで解決方法はないか、と調べまくった結果☆

お酢を使った防虫と炭水化物の供給

有機栽培の農業サイトなどで知ったのですが、虫避けに食酢を使うことがあるということで これなら試してみる価値はあるかも、と思い、さっそく食酢を希釈したスプレーを作ってみました。 ※

私は防虫目的での食酢を使った葉水について調べていたのですが、実は日照不足の時期の光合成がじゅうぶんにできない薔薇の栄養補給的措置としても有効なようです。薔薇にとって良いことなら、ぜひ試しましょう☆と、まずは水溶液を作りました。(あくまで緊急措置という手段なので試される場合は薄めで、植物の様子をうかがいながらお願いしますね。)

とりあえず私の場合、純米酢(最初の一回目は穀物酢を使用)を50倍と25倍の希釈で作り、葉水として薔薇2株、ハーブの中でも葉がわりとしっかりしているものに与えてみました。

何回か試してみた結果、やはり薔薇は木本なので丈夫。だから多少のことでは枯れませんが 新しい柔らかい葉などはちょっと染みになったり、よれよれっとしてしまいました。

ミントとイタリアンパセリですが写真を参照してください。シリンジをしてから数時間で葉に変色が見られました。薄い濃度なら、まだ大丈夫そうでしたが薔薇用のシリンジとは別で作ったほうがよさそうですね。かわいそうなことをしました。ごめんなさい☆

オーデコロンミントの葉に茶色い染みのような部が現れたので切りました。
オーデコロンミントの葉に茶色い染みのような部分が現れたので切りました。
イタリアンパセリの葉に白い染みのような模様が。これは葉水に使用したお酢の濃度が原因?
イタリアンパセリの葉に白い染みのような模様が。これは葉水に使用したお酢の濃度が原因?

イタリアンパセリは結構、葉も茎も固く丈夫そうでしたが反応がすぐ出たので、次回シリンジを行う場合は、もっと薄い濃度で行うことにします。ハーブショップのスタッフさんいわく、日照不足で全体的に柔らかく育ちやすいので影響が出やすかったのかも、とのことでした。

そういえばミントも我が家に来た小さい苗だった時のほうがしっかりした葉だったのに、梅雨の時期に育った部分は葉も大きく、柔らかくて香りもなんだかミントというよりはバジルっぽかったんです。

「あれ?私、バジル育ててたっけ?」と勘違いするくらい^^;

バジルもそのうちお迎えしたいんですけどね☆

柔らかい新芽は虫さんたちの大好物なので、ちょっと怖いですねー(汗)

そこで登場するのがニームオイル。薔薇の肥料にも入っているニームです。

早速、取り寄せてみました。こちらはうっすらとニンニクのようなにおいがするので、説明書にあるとおり2000倍希釈で水溶液を作って、薔薇2株に葉面散布しています。まだ散布開始して3、4回目なので効果のほどは不明です。こちらも継続して観察してみようと思います。

梅雨が明けて、これからは水切れに注意しながら夏を乗り切ってもらうため、がんばって早起きしようと思います^^

ここまで読んでくださり、ありがとうございました^^

それでは、みなさんも熱中症に気をつけて楽しい夏をエンジョイしてくださいね♪

※食酢について調べていて、他にも鷹の爪とにんにくなどを酢に漬けこんだものを希釈して葉面散布するという方法もありました。私はニンニクは苦手なので、純米酢に鷹の爪をガラスの密閉容器で漬けて、一ヶ月くらい寝かせてから試してみようと思っています。

お酢を希釈して葉面散布する方法について前回の記事でも少し触れています。

前回の記事はこちら★ グランマの庭に憧れて 後編